本日は、頭痛についてお話して行きたいと思いますが、その中でも比較的に発症する頻度の多い『片頭痛』について偏頭痛の原因、対処法、改善策をご紹介します。ちなみに頭痛は、現代社会の中でも腰痛と同じくらい悩まれる方がいるようです。

1-1 : 『片頭痛』と症状と原因

『片頭痛』は、先ほども述べた通り、頭痛の中の一種で、現代社会に於いて腰痛と同じくらいにスタンダードになりつつある現代病といっても過言ではない、症状のひとつです。
では、そんな『片頭痛』の症状とは、どのようなものなのでしょうか?
代表的な症状と言えば、まず頭が『ズキンズキン』や『ガンガン』する等の症状ではないでしょうか?
最初は痛みが少ないが徐々に痛みが増して行き、特に頭部の片側に起こる傾向があるようで、酷くなると、吐き気を伴ったり、めまい、まぶしい、音がうるさい等いろいろ弊害が出てくるようです。
その中でも酷い『片頭痛』の前兆として知られる閃輝暗点と言うものが有り、この閃輝暗点は、急に目の前がまぶしくなり、チカチカして、その後すぐに酷い『片頭痛』に見舞われるようで、意識の混濁、失神まである痛みだそうで注意が必要です。
原因については、いろいろあると思われますが、ストレスが大きな要因と考えます。
ストレス過多になりやすい現代社会が一番の原因だったりしますが、他にも目を酷使する仕事、日常的に神経を使う(気を張る)機会の多い、この様な方の中に『片頭痛』で悩まれている方が多い傾向があるようです。

1-2 :『片頭痛』の対処法

では、『片頭痛』になってしまった時、どのような対処をすれば良いのでしょうか?
まず、『片頭痛』の特徴ですが、動かすと痛みが増すと言うことなので、なるべく安静にすることが最優先で、ストレッチうや激しい運動などは絶対禁物です。
仕事中で休んでいられない方は、頭痛薬等で応急処置して、やり過ごすのがベターかもしれません。何せよ応急処置後は時間を作り安静にする事が大事になってきます。
頭痛薬を持っている方は、おそらく『片頭痛』になりやすいか、痛み止め(鎮痛剤)を常用している方だと推測され、仮に『片頭痛』になりやすく常備しているのであれば、生活習慣の改善が望まれることは、明らかだと思います。

1-3 : 『片頭痛』の改善方法

『片頭痛』に改善方法は、先述で紹介した通り原因となるストレスの解消、改善になると考え、当院では、仕事の作業や人間関係によるストレス(外的ストレス)を解消、改善は中々難しいので、身体のゆがみや、精神的な悩みなど自分で解消、改善し得る内的ストレス、精神的ストレスの解消、改善をお勧めします。

1-4 : お任せください!!お客様満足度91.3%の確かな技術力

1-4 : お任せください!!お客様満足度91.3%の確かな技術力

~患者様一人ひとりの身体の状態に合わせ施術します~

施術に入る前の問診表を元に患者様にヒアリング、その後に適切な施術を行います。患者様ご自身で気になる箇所がある場合、マッサージ行為の依頼は受けられませんが何なりと申し付け下さい。

~痛いところは触りません、原因の根源を見つけ改善に導きます~

当院では、他の整体、整骨、接骨院とは少々異なる施術法で患者様ご自身の治癒力を高め再発しないよう原因の原因にアプローチします。身体の歪みを改善する事を第一に考え痛みが出ている箇所は触らず痛みの原因になる箇所の改善を致します。

~施術前のヒアリングを大切にしています~

当ダーベアー整体院(水戸)では、施術前に患者様の身体の状態、気になる箇所などヒアリングと目視で確認して施術に入らせて頂いております。少々お時間を長めに取らせて頂く場合がございますが、ご理解宜しくお願い致します。

~専門家が認める整体院~

当ダーベアー整体院では、開業以来たくさんの患者様と向き合い患者様が改善し心も身体も健康になれるようようサポートさせて頂いてきました。その甲斐があって専門家の先生の方々から、たくさんの応援や推薦状を頂ける様になりました。

~自分で行える身体のセルフメンテナンスを指導~

ダーベアー整体院(水戸)では、患者様ご自身で行えるセルフメンテナンスの仕方について施術を交え指導しております。身体のゆがみを元の状態に戻すには、正直時間がかかり、癖のついた姿勢や歪みを改善していかなければなりません。そこで、患者様ご自身で日々身体のゆがみを微調整できるよう指導致します。

~確かな信頼と技術力~

日々の技術向上と共に全国の整体院の先生向けに講師指導員としてセミナーを行っております。患者様が改善して行き笑顔になって頂ければ幸いです。尚、セミナーに参加および指導等でお休みする事が御座いますが、ご理解のほど宜しくお願い致します。